どうやって選ぶべき?!火災保険

保険の対象はしっかりチェックしておこう!

火災保険を選ぶ時、まず注目したいのが保険の対象ですね。プランによって、何が補償対象となるかが変わってくるんです。大きく分けると「建物」と「家財」があって、両方補償してもらうか、片方だけ補償してもらうか選ぶ事ができるんです。いざ家事になった時、家財も補償してもらおうと思ったら、補償対象になっていなかったなんて事がないように、しっかりチェックしておいてくださいね。
保険会社によって、建物と家財の解釈に違いがあるんです。基本的な考えですが、建物に備え付けられていて動かせない物を建物、動かせる物は家財と分けられている事が多いですね。自分が補償してもらいたい物が、しっかりと補償対象になっているか契約前に確認しておきましょう。

建物の構造によって保険料は変わる!

火災保険に加入する時、保険料で選ぶという人も多いと思います。この保険料ですが、様々な要素によって変わって来るんですよね。色々あるんですが、建物の構造んいよっても保険料はだいぶ変わります。
基本的には「M構造」、「T構造」、「H構造」で分けられる事が多いです。基本的には火災になった時、損害が出やすい建物の場合は保険料が高くなります。鉄筋の建物よりも、木材の建物の方が保険料が高くなるといった具合ですね。なので、まずは自分の建物がどこに分類されるかをチェックしておきましょう。意外と自分の言えが木造なのかコンクリートなのか、把握していないことって多いですよね。そんな時は、建築外車やハウスメーカーに問い合わせてみると良いですよ。